戦略としてのガッツカウンター

こんばんは。ニコニコ

今回の記事はちょっと趣向を変えて、戦略として成り立つガッツカウンターデッキを考えてみたいと思います。
従来のガッツ煽りのデッキの主軸となるのはこちらのカードでしょう。

これに

このアビの組み合わせ。シンボルでガッツを煽ります。

このデッキはゲキアイコンの数が1個増えているのでガッツ後にゲキ100を止めやすい利点はありますが、ほかのカードでAPを盛らないと、ゲキ1個止めただけでは先攻が取れない可能性があります。あと1枚のカードでバーストゲージを煽る必要があります。2ラウンドで倒されてガッツ、3ラウンド、4ラウンドとゲキを止め続けるのは困難で、できればガッツしたラウンド先攻からの2バーストで仕留めたいところ。
最近のオンラインの傾向から、GLRプトティラのガッツ率がとても高いことが良くわかりました。
3ラウンドでガッツ超絶ダウンでも立ち上がってくることがあります。これは驚異です。さらにはゲキを増やしても止まらないのは皆さんもご存知の通り。龍騎ゲーマーでゲキを増やしておいてもあまり変わらない気がします。
さらには体感的にガッツ後はこちらにライダータイムが出たり、ラッシュになってわずかの差で筐体が味方してくれることが多いように思います。
ここは敗者復活補正的なものが働いているのだとと思います。
これも利用しまして、ガッツから2バーストで相手を倒すことが可能なデッキを考えてみました。

ガンバライダーの表アビは上記のアビです。

バーストアビは

いわゆるミガワリ封印ですが、ガッツ後ならバーストゲージ超絶UPが発動できますので、ガンバライダーバースト前に2バースト目が溜まってなくても必殺を撃ち終わった時点で2バースト目に乗せることが可能です。

キードラはAPとバーストゲージUP&ガッツからのカウンター封印要員。ここでゲージカウンターを出されたら意味がありませんので、ガッツ後は1番出しをしてカウンター封印します。ジーニアススキャンでRP+1ですが、運がよければジーニアスチャンスでさらにRPを+できます。
また、プトティラと合わせてじわじわとAPも盛っていきますのでガッツ後にゲキが1個だけ止まっても先攻を取れる可能性が高いです。
プトティラはガッツ煽り&AP盛り要員で。できれば1から3ラウンドまでの間にスロットをばらけさせて相手のボウギョを下げておくのが理想的です。
ガンバライダーは表でガッツUPでガッツ後にチーム全体のゲキ100を付けます。
ガッツ後にゲキが止まらないといけませんが、敗者復活補正なのかわかりませんが、目押しすれば1個は止まる印象。

先攻し、ジーニアスアタックも込みで削り、ゲージ負けでもカウンター封印しているため、そのままガンバライダーバースト。ミガワリ封印で必殺が直撃します。さらにバーストゲージが超絶UPし、2バースト目に届きますのでプトティラバーストで撃ち抜きます。1度でもスロットがばらけてボウギョが下がっていれば1ターンで撃ち抜くことが可能です。

はまれば楽しいですが、ガッツしなければ虚しさが残るデッキです。(笑)
また、ガッツありきの戦略には否定的な意見ももちろんあると思います。
プトティラのガッツにうんざりした人は1度試してみてください。
なかなかの勝率に驚かれると思います。
ではまた。
ヽ(*´∀`)

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA